技術審査B班

朝は7:30までにステージ裏の技術審査委員控室に集合して下さい。

班長は各部門審査前に、審査監視(会場左側前方)のホワイトボードで選手の出欠を確認して、各審査委員に伝えて下さい。

服装はスーツまたは審査員にふさわしい服装をしてください。
会場ではガム等を噛まず、会話は必要以外慎むこと。
携帯電話、及び写真撮影は禁止になっておりますので、ご協力をお願いします。
なるべく技術審査委員控え室にとどまり、トイレはなるべく地下を使用して下さい。
外出の際は、各班の班長、または副班長に告げること。
審査は公平に行い、数字は判りやすく他人が見ても判断できるように書いてください。
点数の付け方は上限95点を目安とし、下限は60点。
できるだけ上位1~3位、または5位まで点差を付けて下さい。
欠番を再確認することを忘れないようにしてください。
やむを得ず外出の際は、名札を外して下さい。
表彰式前には必ず集合して下さい。
審査が早く済んでも、もう一回見間違いが無いか確かめて下さい。
各班の班長、副班長は担当部門の講評を書いて下さい。

技術審査

2部: ①『Ladies hair Marge』が提案するカットが行われているかをみる。レングスはテクニカルブックのロングであるかをみる。②『Ladies hair Marge』が提案するプロセスを用いて、マージュエリアにはポインティングカットを施し、重さを取りながらツヤ感、透明感を失わない質感表現が行われているかをみる。マージュエリア以外は、自然なフィット感が表現されているかをみる。③『Ladies hair Marge』が提案するコールドパーマ技術が施され、マージュエリアにJカールが表現されているかをみる。④『Ladies hair Marge』のイメージにあった髪の美しさを見せる上品なカラーが表現されているかをみる。暗部と明部の明度差は3レベル以上あるかをみる。⑤スタイリングは、マージュエリアに柔らかな動き、サイドに前上がりラインの自然なフィット感が表現されているかをみる。

7部:カット技術の良否、デザイン性、全体のバランス、自由で創造性豊かな女性美を表現した ヘアーであるか。

13部:①仕上がりは、レイヤースタイルとする。
②ヘムラインのガイド幅は、概ね2cmとする。
③両サイドの長さは、もみあげ部分を下ろした状態で、生え際から概ね10cmとする。
④トップの位置はフロントの生え際から奥行き9cm前後の正中線上とし、トップの長さは
概ね地肌から10cmとする。
⑤フロント(前髪)の長さは、生え際から6cmとする。
⑥ネープの長さは、自然に下ろした状態で生え際から10cmとする。
⑦正中線上で後頭部の一番凸部をバックポイントとし、バックポイントの長さは
地肌から10cmとする。

※美容国家試験には細かい規定がありますが、美観を主に採点して下さい。

その他細かい規定について競技要項を熟読しておいて下さい。

※昼食は代表者が役員控室(会場ロビー入って右奥)まで受け取りに行って下さい。
※ゴミはビニール袋に入れてまとめるようご協力お願いします。

  • 大会マニュアルに戻る