会則

(名称及び目的)
第一条
国際九州理美容研究連合会(国際九研連)と称す。
本会は、各々の国の理美容の真髄とヘアーファッション産業の
発展を図るとともに若いスタッフ並びに後継者の育成、会員相互
の親睦と国際技術交流及び国際親善の友好を図ることを
目的とする。

(事務所所在地)
第二条
1)国際九研連本部は、国際九研連会長宅に置く。
2)国際九研連事務局は、国際九研連事務局長宅に置く。
3)各々の国の会は、各々の会長宅に置く。
4)各々の国の会は、各々の国の会の事務局長宅に置く。
5)日本国内各県の支部は、各県の支部長宅に置く。
6)日本国内各県の支部事務局は、各県の支部事務長宅に置く。

(会員)
第三条
本会は国際九研連の年間運営費を納付した国内及び国外の
研究団体で、各国の理美容生活衛生同業組合員を会員とする。
国内及び国外の団体を会員団体とする。

(理事)
第四条
本会は、各々の国及び会員で、団体代表、顧問、相談役及び
役員会で認めた者を理事とする。

(顧問及び相談役)
第五条
本会の、会長歴任者及び会長に準じる貢献のあった者は、退役後、相談役と成り、顧問となる。

(会員及び役員)
第六条

1,顧問、相談役及び本部役員より選考委員を選出し
選考委員会を設置する。
2,選考委員が会長を選出し総会で承認を得る。
会長候補者は常任副会長を第一候補とする。
3,会長は本部役員の選出をし、本部執行部とする。
1)常任副会長 若干名
2)総務部長 一名
3)経理部長 一名
4)事務局長 一名
4,各国及び各県の支部に次の役員を置く。
1)会長 一名
2)副会長 若干名
3)経理部長 一名
4)事務局長 一名

(任期)
第七条
本部執行部(会長、常任副会長、総務部長、経理部長、事務局長) の任期は、2年とする。但し再任は妨げない。

(任務)
第八条
1,国際九研連会長は企画及び運営を総括し、会を代表する。
2,国際九研連常任副会長は会長を補佐し、
会長不在の場合及び事故ある時はその職務を代行する。
3,総務部長は総務全般を総括する。
4,総務副部長は総務部長を補佐する。
5,国際九研連経理部長は会の経理を司る。
6,国際九研連副経理部長は経理部長を補佐する。
7,国際九研連事務局長は事務全般を行い会の運営をはかる。
8,国際九研連副事務局長は事務局長を補佐する。

(理事会)
第九条
理事会は会長が招集し、これを開催する。

(執行部会)
第十条
執行部会及び役員会は、会長が審議事項あり次第、招集する。

(総会)
第十一条
1,総会は毎年一回以上開催し、次の事項を審議する。
1)会則の改正
2)年間企画及び行事の決定。
3)収支決算及び予算の承認。
4)技術競技会の開催。
5)各国間の国際交流と情報交換等をする。
2,通常総会は毎年二月の第四月曜日とする。但し特別な用事が   重複した場合は、その限りではない。

(監事)
第十二条
本会に2名の監事を置き、毎年一回以上の監査を行う。監事は何 時でも会計の帳簿及び、書類の閲覧もしくは複写をし又は
理事に対して会計に関する報告を求める事が出来る。

(運営費)
第十三条
本会の運営は、年間運営費、大会協力金、広告費、その他の収入 を以てこれに当たる。
1)国外の国の年間運営費は、各国十名につき6000円を
納入するものとする。
2)国内の団体の年間運営費は、一団体6000円を
納入するものとする。
3)国際九研連本部以外主催で競技大会を行う場合は、
その大会主催者は出場者一名につき、300円の運営費を
本部に納入するものとする。

(競技大会)
第十四条
1,国際九研連主催の競技大会に参加する、
各国及び日本国内の団体は、大会協力金及び選手出場費を
添えて、選手参加の申し込みを行うものとする。
2,競技大会協力金及び選手出場費の金額は、その都度役員会で
決定する。
3,各国の競技大会協力金は、十名につき4000円を納入する
ものとする。
4,日本国内の競技大会協力金は、一団体4000円を納入する
ものとする。
5,競技大会協力金は、選手申込書と選手出場費を一緒に
納付期限締切日迄に完納をする事。納付期限締切日迄に完納
なき場合は出場を取り消しとなる。

(事務局)
第十五条
事務を確実に行うため、事務局に次の書類を整備する。
1)各国団体名簿
2)研究団体名簿
3)各種会議の議事録
4)証拠書類綴り

(経理)
第十六条
経理を確実に行うために、経理部長は次の書類を整備する。
1)会計出納簿
2)会計徴収簿
3)証拠書類綴り

(入会及び脱会)
第十七条
1,入会は、年間運営費を納めた国及び団体を入会と認める。
2,脱会する場合は、年間運営費、競技大会協力金、選手出場費
の返還は行わないものとする。

(冠婚葬祭)
第十八条
冠婚葬祭については、役員にて話し合いの上決定する。
[適応範囲]この規定は会員(理事以上)に適用し、弔慰金を給付する
1)執行部以上
会員死亡の場合弔慰金\10,000、花輪、弔電を贈る
会員親族の場合
イ、 配偶者、父母 弔慰金\10,000もしくは花輪を贈る
ロ、 子女(業務に従事していること)弔慰金\10,000
もしくは花輪を贈る
2)理事
会員死亡の場合弔慰金\10,000
(附則)
その他、各項目に該当しないが、それに準ずると認められるものに
ついては、その都度 会長が決定し、後日理事会においてこれを審議、承認する。但し、各国間はこれに該当ないものとする。

(組織の構成)
第十九条
組織における会長の責務、会長は執行部の組閣を起こす。

(部会設置)
第二十条
1,本会の会則に依り本会に設置する。部会の組織及び運営は、
本会則の定めるところによる。
2,部会の種類
イ、総務部  ロ、経理部  ハ、教育部
ニ、厚生部  ホ、渉務部(諸外国担当)
部会は理事役員を以て組織し、委員と理事会に於いて会長が
任命する。

(除名)
第二十一条
1,本会は次の各項の1に該当する会員を除名することが出来る。   この場合に於いて本会はその(理事会、総会)の十日前迄に
その会員に対して、その旨を通知し、かつ(理事会、総会)
に於いて弁明する機会を与えるものとする。

1)長期間に渡って本会の運営に協力しない会員。
2)経費の支払い、その他本会に対する業務を怠った会員。
3)本会運営、業務を妨げ又妨げようとした会員。
4)本会の業務(事業)の利用に不正の行為をした会員。
5)犯罪その他、信用を失う行為をした会員。

(付則)
第二十二条
本会則に定めない事であっても、必要な事項は、理事会の議を
経て別に定める事が出来る。

(総会費)
第二十三条
1,総会費については、総会出席者の為の費用に
充当するものとする。
2,総会費は、各団体5000円を本部(経理)に納入する。
3,総会費は、各団体ともに11月末日までに
納入するものとする。

(施行)
第二十四条 この会則は、昭和63年2月22日より施行する。
(改正)
第二十五条 平成5年2月22日に会則を改正し施行する。
第二十六条 平成6年3月7日に会則を改正し施行する。
第二十七条 平成11年2月22日に総会にて(第二十三条)承認
会則を施行する。
第二十八条 平成13年2月26日に会則を改正し施行する。
1)第六条
2)第七条 (会長、常任副会長、総務部長、経理部
長、事務局長)役員五役を本部執行部とする。
3)第十五条 (事務局と経理を区別するため新たに
第十六条を設ける)
4)第二十条 (講師部会を教育部に変更する)
第六条、第十八条 平成23年2月28日に総会にて会則を
改正し施行する。
1)第六条 (会長候補者は常任副会長を第一候補とする。を追加)
2)第十八条(弔慰金の適用範囲、金額を明確化)